20181008 明日はどこへ

1か月というスパンを大事にする。やりたいことやらねばならないことに時間を費やすことを明確に主張する。持久力を持つためにはまずペースを知らなければならない。8時間ぶっ続けられるようにするのが持久力鍛錬ではない。